MOTHERHOUSE アンティーク スクエア バックパック

MOTHERHOUSE(マザーハウス)のAntique Square Backpack(アンティーク スクエア バックパックを結婚記念品として、妻から受け取りました。

ずっと本当に欲しかったリュックだったので、嬉しくてこれから長い時間をこの商品と過ごすためにCOLUMBUSさんのレザーケアクリームのBrillo(ブリオ)を使用しました。その他、革製品にオススメのケア商品も掲載しております。

Antique Square Backpack

ビジネスシーンに溶け込む
オリジナルレザーとシンプルフォルム

天然の牛革に、じっくりとオイルを浸透させたアンティークレザーは
新品の時から使い込まれたような質感をまとい、
落ち着いた印象を生み出します。

外観は四角いフォルムやスリムなマチなど装飾を省いた構造に、
最低限のポケットだけをシンプルにレイアウトしました。
レザーバックパックながらも約1080gという軽さと、
ビジネスシーンに自然に溶け込むデザインを両立しています。

1つだけ設えられた外ポケットは
名刺入れやパスケースがぴったりと収まるサイズで、
スムーズに手回り品を取り出せます。

レザーケアクリームのBrillo

ずっと本当に欲しかったリュックだったので、嬉しくてこれから長い時間をこの商品と過ごすためにCOLUMBUSさんのレザーケアクリームのBrillo(ブリオ)を使いました。その他にも、手持ちのレザーアイテムもクリームを塗りました。

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥1,697 (2020/11/23 04:33:15時点 Amazon調べ-詳細)
本革製品の魅力

本革製品の魅力はなんといっても、”エイジング=革の色・風合い”が使用によって変化することです。

日々使う中で生じる摩擦と日光などによって、革は艶やかな表情や深い色味へと変化していきます。また、使い始めは硬かった革が、徐々にくったりと手や身体に馴染んでいきます。このように、持ち主のライフスタイルによって革の表情が変化していく様は愛おしく、永く愛用する愉しみとなります。

特に手をかけず、汚れや傷も共に過ごした日々の証として、「いい味」だというスタイルも、もちろん革ならではの愉しみ方です。

ただ、皮革は基本的に汚れに弱く、放っておくと汚れが革の中に浸透し、シミなどになり落とすことが出来なくなってしまいます。そのため、綺麗に長く愛用したい革製品には、適切なケアをすることが必要です。

ケアクリーム Brillo(ブリオ)

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥1,697 (2020/11/23 04:33:15時点 Amazon調べ-詳細)

日本の気候、使用環境を考慮した日本製の最高級・革クリームです。レザーアイテムに最も適した万能なケアクリームで、艶やかで瑞々しい仕上がりが魅力的です。

①無色で色ムラになりにくく、様々な革の色に使用可能。

瑞々しく、プルプルとしたゼリー状のデリケートクリームです。少量でも非常に伸びが良く、広範囲に塗り伸ばすことが出来ます。また、色ムラになりにくいのが嬉しいポイントです。

②天然成分が皮革に自然な艶を与え、優しく保護。

成分は、天然の油分である「ビーズワックス」と、「ひまわりワックス」を配合しています。さらに保湿性に優れた植物性の「ホホバオイル」をプラスすることで、自然な艶感を与え、乾燥やヒビ割れを防ぎ、革製品を優しく保護します。

③湿度の高い夏場や長期の保存にも最適な防カビ剤配合。

各種天然成分の他に、防カビ剤を配合しているので、湿気が多い時期や夏場の保存にも威力を発揮します。また、シトラスの香りがほんのりと香るので清涼感も抜群です。一般的なレザークリームの科学的な匂いなどに抵抗がある方にも、違和感なく快適にお使い頂けます。

その他オススメレザーケア商品

汚れにクリーナーでケア

汚れは酷くならないうちに落とします。広範囲の汚れにはジェルタイプが、ボールペン汚れなどのピンポイントの汚れには、消しゴムタイプのクリーナーが使いやすいです。

レザークリーナー(ジェルタイプ)

created by Rinker
コロンブス(Columbus)
¥1,100 (2020/11/23 04:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

エッセンシャルオイルを配合した中性・無溶剤タイプの透明クリーナーです。デリケートなレザーを傷めずに汚れを落とします。カビ止め剤を配合しましたので保管時でのカビの発生予防に効果的です。

レザークリーナー(消しゴムタイプ)

革の表面についた汚れや、革表面にて古くなったクリーム・油などを落とします。

濡れる前に防水ケア

革製品を安心して使い続けるために、お勧めしたいのが防水ケアです。これからの時期、突然の雨等で濡れてしまうのを防げます。革製品のために持っておくのがお勧め。

以上、革・レザー製品が好きだけれどケア用品は持っていなかった人は是非参考にして、経年で変化していく革を愛用し続けましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。